前へ
次へ

冬の化粧崩れはメイク前の徹底保湿がカギになる

気温が下がる冬はメイクをしても崩れないと思いきや、冬の時期も意外と化粧崩れを起こします。
暖房の効いた室内はあたたかく過ごしやすいですが、エアコンフル稼働の部屋で長い時間を過ごすことで、肌はカラカラな状態です。
水分不足の肌はファンデーションをしっかりフィットさせることができず、だんだん浮いてきますし皮脂も多くなります。
寒すぎる時も乾燥のハードな時も、皮膚にとってはそれが外的刺激となり、守るためにたくさんの皮脂が分泌をされて、化粧崩れにもつながる流れです。
普段から動くのが嫌で運動不足な人や多汗症タイプ太り気味で体脂肪がたっぷりの人も化粧崩れを起こしやすくなります。
様々な理由はあるにしても、冬の化粧崩れを起こさないために、朝はぬるま湯で顔を洗い目、メイク前には十分な保湿を施すことです。
過剰な皮脂分泌をしないためにも、毛穴ケアも日頃から怠りません。
基礎化粧品を塗布したら、いったん油分をティッシュで押さえてから、化粧下地を乗せるのも化粧崩れ防止になります。

Page Top